建築家との初☆打ち合わせ
その日初めて会った建築家さんは、少年のような人でした。

初打ち合わせ。
建築家さんはすごく気さくな人で、純粋に人の喜ぶ家を建てることが
好きなんだと感じました。

「家作りは自分たちですることです。
そのお手伝いに専門的な知識をお貸しすることが私の仕事です」

単に「建築家の設計する家」ではなく、自分たちが住んでいくオウチを
自分たちで考えていく。自分たちでできることはやる。

例えば家族や友達に手伝ってもらって、壁を塗ります。
ウッドデッキにニスを塗ったり、庭を造ったり。
この建築家さんの考えは家作りに本人たちが参加するんです。
そうすることによって、家への愛着も深まっていくという考えです。
また、年月が経っていく家を自分たちでメンテナンスしていく力も養えます。
そんな考え方に共感が持てました。

大まかな私たちの希望とする家の話をして、次回土地を見に行く約束をしました。


建築家に頼むことが果たして本当に良かったのか・・・
少し不安な気持ちでいた私たちでしたが、実際会ってみて
この人に建ててもらいたいという気持ちが確かなものになりました。
[PR]
by hmeil | 2007-03-27 00:00 | 建築家とのオウチづくり
<< 土地決定!! こだわりたいところ >>



soramadoの記録と  日々の暮らし
by hmeil
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31